注目の的として はコメントを受け付けていません。

注目の的として


 看護師として働いている方の中には、人気者として職場を盛り上げていこうと考えることは多々あるでしょう。淀んだ空気が充満している職場であるほどに、この暗い空気をなんとかしなければいけない、という意識喚起をしていき、自分の持ち前の明るさによって職場に活気をもたらそうと努めていくのです。そうした自分を、「俺はこの職場を再生させる救世主なんだ。これ以上、この職場に目を疑いたくなるような重たい空気を充満させるべきではないんだ。誰もが新鮮な空気を吸って仕事ができるような職場にしなければいけないんだ」と言って、自身の存在意義の高さを自覚していることが考えられるのです。自分が人気者として、職場の人間関係の改善に努める人として動いていくことで、誰からも好かれる人として評価されたいという気持ちがあるでしょうし、あたかも水の流れを取り戻したかのような瑞々しさ溢れる職場を実現させるために、自分が人と人とをつなげるパイプ役に徹していくことが考えられてきます。職場の体質を良い方向に変えていく看護師の存在があることで、後に続く後輩が長く居続けられるような職場として生まれ変わるのです。
 人気のある職業として注目されているのは看護師だと豪語している方がいるのではないでしょうか。その職業に就くことで、もっと生きたい、という患者のために素晴らしい行いをしているのだと、周りの人からの高い評価を期待していることがうかがえるのです。